音楽

YouTubeでよく見る「vevo」とは。

音楽クリエイターの村脇優です。

今回のテーマはYouTubeでよく見る「vevo」とは。です!

是非最後までお楽しみください!

vevoは音楽会社が共同で運営する"音楽ブランド"だった!

VEVO(ヴィーヴォ、[ˈvv]、「video evolution」の略)は、世界最大のミュージック・ビデオプロバイダ。YouTubeへのミュージック・ビデオの供給とスマートテレビへのアプリ提供を行っている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

wiki先生にはこのように記されていました。

2008年にユニバーサルミュージックが「vevo.com」のドメインを取得し、翌年「VEVO LLC」を設立しました。2009年4月にGoogleが加わり、「VEVO」が正式に発表されました。

主にミュージックビデオをYouTubeやスマートTVなどへの配信を行っていました。

しかしながら、YouTubeが拡大したことによってVEVOはYouTubeに吸収される形になり、2018年にモバイルアプリとカスタマーwebサイトを終了しています。

 

YouTubeが栄えすぎて消えかけのvevo、だが消えてはいない!

vevoの配信先であったYouTubeが繁栄しすぎて、再生のほとんどがYouTube上で行われたそうです。

収益面で苦労したvevoはYouTubeに吸収される形で事業を縮小する他無かったようです。

vevo自体はなくなるわけではないのですが、vevoの付いたミュージックビデオは当面の間YouTubeでのみの視聴となるそうです。

vevo専用のストリーミングなどはないということですね。

 

vevo様ホームページはまだあった!

https://hq.vevo.com/

URLはこちら!

ABOUTをクリックして進むと、配信先一覧を閲覧でいます。


まとめ

VEVOと言えばミュージックビデオのイメージでしたが、やはりミュージックビデオをまとめて配信する企業だったみたいです。

今FireTVに興味があるので、もし購入したらvevoでミュージックビデオ垂れ流しにてみたいです。

たまにそういう飲食店ありますよね。あれかっこいいですよね。

今はラップトップPCをテレビに出力して映画を見ているので、そろそろFire行こうかなと思っていたところでしたので、背中を押されました。

 


人気ブログランキング

-音楽

© 2021 ワキログ