日記

田舎に行くほどヤンキーが多い本当の理由

田舎にヤンキーが多い理由はみんな気になる。

田舎にはヤンキーが多い印象があるとおもます。それはなぜか、考えたことはあるでしょうか。軽くググると、こんな予想を立てている方々がいらっしゃいました。

少し古い情報ですが、今でも通用する見解だと思います。他にもこんなものがありました。

かなり冷静な判断をしていると思います。これもなかなか鋭い見解です。

さて、ここからは私の見解です。正解かどうかというよりも、「私の見解の方が納得いくと思いますよ」というくらいの感じです。一意見として捉えてください。

文化や情報が広がる法則を紐解く。

日本の国民性や都市計画、自治体組織を考慮に入れた流行に関する情報の広がる速度を研究した論文があります。

それによると、中央都市から次第に地方都市へと波紋状に広がることがわかっています。水面に1滴水が落ちた時にできる波紋を想像してください。その波は周りに広がるに連れて速度も力も弱くなっていくと思います。

日本の情報伝達の順番は次のようになることが予想できます。

首都(東京) → 日本三大都市(東京・大阪・名古屋) → 地方主要都市(博多・仙台・広島・神奈川・札幌など) → 地方中核都市(各県政令指定都市) → 地方都市(市町村クラスの都市) → 里や村

この仕組みを頭において次に進んでください。

ヤンキーが流行った時代がある。

ヤンキーに関する情報をググってみると、WIkipediaのヤンキーに関する記事が出てきます。これによると、日本におけるヤンキーの起源は1970年代に流行した「ツッパリ」スタイルであることがわかります。

1970年代に東京で登場した「ツッパリ」の皆さんはシンナーや覚醒剤を乱用したり、暴力事件を起こしたりして多いに目立ちました。この文化が始まりとなって、暴走族が流行し始め、いかにかっこいい「特攻服」を着ているかがファッションスタイルの優劣を図る基準になりました。

1980年代に入ると、ロックバンド「横浜銀蠅」がデビューし、1985年には映画「ビーバップハイスクール」がめちゃくちゃ流行りました。これを皮切りに「ツッパリ」のスタイルが地方都市へと広がっていくことになります。そしてその呼び名が「ヤンキー」に変化していくのです。ちなみに「ヤンキー」とは本来は北部アメリカ人を意味する俗語です。

さて、これら二つの情報をまとめて「なぜ田舎にヤンキーが多いのか」の答えを導き出しましょう。次へどうぞ。

私の見解:田舎はまだ情報が回ってないだけなのでは?

田舎にヤンキーが多いのではなく、田舎以外のヤンキーがいなくなったのです(ヤンキー意外に変化したのです)。

元々日本全国ヤンキーだらけだった時代がありました。1970年代に登場した「ツッパリ」が10年立って「ヤンキー」として日本中に広がりはじめました。それから形を変え、もうはや都心では「ヤンキー」は衰退し、映画やドラマの中だけの話になってきています。昔のように「喧嘩上等」や「タイマンをはる」などの文化は確実に消えかけています。都心では「ヤンキー」よりも「半グレ」が蔓延していますよね。怖いです。

2015年にスタートしたLDH系の映画シリーズ「HiGH&LOW」シリーズは人気ですので、今でも一定数は「ヤンキー」の流れを汲む人が存在することがわかります。どこにその層が存在しているかというと、まさに地方都市です。田舎にまだ残っている最先端の文化をキャッチできていない「ヤンキー」がその視聴者になっているのです。

ヤンキーが多い都道府県ランキングを掲載しているサイトがありましたので参考にして下さい。

このサイトによると

1位茨城、2位千葉、3位福岡、4位大阪、5位沖縄

と、ヤンキーで有名な都市がランクインしていますね。東京から少し離れたところで根強く残っている「ヤンキー」文化を絶やさないようにしようとする姿勢に涙目です。波紋の広がりが真っ先に届く都市がランクインしているのが研究の正確さを裏付けていますね。

まとめ

「田舎にヤンキーが多い」のではなく、「田舎にはまだヤンキーが残っている」という見解にすると疑問が解消するのではないでしょうか。東京を中心に「ツッパリ」から始まった不良・非行の文化は時代とともに形を変えています。彼らは常に情報に敏感で、日本で最先端の服に身を包み、最先端の髪型で、最先端の化粧をし、最先端の言葉を発します。地方の「ヤンキー」に目をやると、一昔前の服装をしていることに気付きませんか。話す言葉もビーバップの時代からさほど変わっていないでしょう(これは言い過ぎですね。変わっています)。

きっとこの先東京で「スーパー陰キャラ」のような文化がめつちゃくちゃに流行したらそれが日本全体に広がって、時代が流れ「なぜ田舎にはスーパー陰キャラが多いのか」のような質問が知恵袋で質問されるでしょう。

 

 

-日記

© 2021 ワキログ