思想

ミュージシャンの夢を親に反対された時の説得の仕方

今回は

ミュージシャンの夢を親に反対された時の説得の仕方

と言うテーマでお話ししていきます。私は反対させることさえさせないよう準備をしまくったので大丈夫でした。反対される理由は基本的に準備不足です。準備不足を解消すれば反対なんてされませんよ!今回は準備不足解消の方法と合わせて説得の仕方をご紹介します!

ぜひ最後までご覧ください!

親に反対される理由を考えよう

・自立できるか不安だから

・音楽で食べていける保証がないから

・苦労して欲しくないから

などなど、いろいろな理由をつけて反対してくるのが親というものです。親は常にあなたの幸せを願っているものです。ですが、親の頭は基本古いと考えてください。古い頭で考える幸せは今の時代では幸せではないのかもしれないのです。幸せの価値観は人それぞれ違うものであることを忘れないで欲しいのが子の思うところ、本音のところだと思います。

ではそのような理由を解消するにはどうすれば良いのでしょうか。

親が反対する時は、「大きめの不安」がまだ頭の中に浮かんでいる時です。親は基本的に子供が自立していけるかどうかを「不安」に思っている生き物なので、消えないことは前提に考えていきましょう。「大きめの不安」を「かなり小さめの不安」にする努力をすることが大切です。姿勢を見せるだけでも不安は解消されていきます。では具体的な対策案をみていきましょう。

 

親がミュージシャンじゃない場合

親がミュージシャンじゃない場合がほとんでしょう。親は自分がやったこともないことをなんとなく不安定な職業だからという理由で反対してしまいがちです。ですがミュージシャンは全然稼げる職業ですから、稼ぎ方やこれからどのよに活動をしていくのかをはっきりと示すことが大切です。「知らない不安」が「大きめの不安」となって反対してしまっているということを子が理解しましょう。

・何年後にどうなっていたいのかの明確なビジョンを示す

・いつまでに月収どれくらいになりたいのかをキッパリ示す

・どのような活動をしていくのか、今の時点で考えていることを示す

・前例を示す

・なぜ音楽をやっているのかを熱く語る

この5点が大切です。特に「何年後にどうなって痛いのか」と「前例を出すこと」を組み合わせると良いでしょう。音楽をやったことがない親は「ほんの一握りの人が音楽だけで食べて行っている」と思っています。そこを覆すための前例とそれにかかる年月、日々していく行動をまとめて話せるようにしておきましょう。

話せるようにしておけば、「しっかり考えているんだな」「口だけではないんだな」と思ってもらえるはずです。

親がミュージシャンの場合

親がミュージシャンの場合はほとんど反対されることがないはずです。それでも反対される理由はよっぽど嫌な経験をしたことで、それを子供に経験させたくないと思っている場合や、どうしてもやって欲しくない秘密の理由があるのでしょう。

その理由をまず明確にしましょう。

明確にした理由を覆す準備をして、自分の石をプレゼンするのです。

そもそも親は基本無視でOK

親は親、自分は自分です。親の意見にしたがって生きていては常に他人本意で自分の石では行動ができなくなってしまいます。本当にやりたいことがあるのであれば、親のことは無視してしまって構いません。あなたの決断はあなたがするのです。あなたの人生はあなたが決めていいものです。あなたは親の所有物ではないことを思い出してください。

まとめ

家族が仲良いに越したことはないので、わざとてきを作るような発言はやめましょうねww

家族に反対されたくらいで諦めてしまうような熱量の夢ならやらない方がいいでしょう。そこを試しているのかもしれませんね。親に反対されると親を悪者にしてしまいがちですが、自分自身をもう一度見つめ直すちょうど良い機械かもしれません。深く自己分析をして本当にやりたいことを見つけられたら、きっとそれは心から応援してくれるでしょう。

 

-思想

© 2022 ワキログ