思想

【これだけ覚えればOK】音楽家の稼ぎ方3選(初期費用ゼロ!)

音楽家、ブロガーの村脇です。

今回は

音楽家の稼ぎ方3選

というテーマでお話ししていきます。

音楽の無料化が進み、音楽家が食べていくのが難しい時代になりました。少し前まではCDが音楽業界の売り上げが主流でしたが、今はライブの集客と物販による売り上げが主軸となりました。背景にはネットの大幅な発達が甲斐見えます。ネット時代の到来により、音楽が無料化した今、音楽家が生き残るには「音楽の腕」それから「マネタイズの腕」の両方を磨いていく必要が出てきました。今回は「マネタイズの腕」に注目し、音楽家に向けたマネタイズサービスの中から4つを紹介していきます。

今回はサービスの利用料が実質無料のものを厳選しました。利用しない手はありません。ぜひ利用してあなたも音楽で稼ぎましょう。音楽はビジネスです。ぜひ最後までご覧ください!

オーディオストックで音源販売


Audiostockというサービスがあります。日本最大級の著作権フリーBGM・効果音
ストックサービスです。図はAudiostockとはというページの抜粋です。このような仕組みでクリエイター同士をマッチングするサービスです。


出典:https://audiostock.jp/help/about_audiostock

音楽の仕事は東京中心の時代が続いてきており、今もそれは続いています。しかし、インターネットの発達、音楽機材の技術的な進歩などもあり、自宅でも高い品質の音楽作品を生み出すことができる時代になってきています。
地方に在住されている音楽家でも素晴らしい技術や才能を持っている方が多数いますので、そういった素晴らしい人材とフリーBGM・効果音を求めるクライアントとの出会いを当サービスを通じて提供していきたいと考えています。
音楽業界も変化の時代を迎えており、多様な働き方や制作スタイルが登場してきております。音楽クリエイターの活躍を新しい形で支援し、オンライン上で音楽の仕事を行える機会を提供してまいります。

出典:https://audiostock.jp/

このように音楽家のマネタイズに積極的な企業です。オーディオストックで生計を立てている人も存在します。音楽家が音楽だけで食べていけることを実現しているということは素晴らしいことですね。あなたも努力次第ではオーディオストッカーとして生きていけるかもしれませんね。ぜひ利用しましょう。もちろん無料で販売スタートできます。詳しくは「よくある質問」をご覧いただけると理解が深まると思います。

YouTubeの広告収入

オーディオストックよりも少しハードルが上がります。順を追って説明していきます。まずはYouTubeの広告の仕組みを理解しましょう。

広告主の利用するサービス『YouTube Ads』

YouTube Adsというサービスを利用することで、広告主が広告をYouTubeにて発信することができます。広告主はYouTubeで配信された広告によって商品が認知され売り上げをあげることができるという仕組みです。広告主はYouTube Adsにお金を払って広告を掲載してもらいます。

クリエイターが使うサービス『Google Adsense』

Google Adsenseはクリエイターが広告代理店となり、広告を掲載した事による収益を得られるサービスです。YouTubeの動画の始めや途中にCMが挟まっていると思いますが、あれはYouTubeのチャンネル運営者の意思でCMが掲載されています。広告を掲載してある動画が再生されればされるほど、CM効果が高まり商品が売れる可能性を高めたとして、広告費がクリエイターにも分配されるのです。

しかしながら、YouTubeに広告を掲載するにはチャネル登録者数1000人と総再生時間4000時間とうボーダーラインがあるので、それを超える必要があります。

利用料金は無料ですが、ボーダーラインを超えるまではお金が1円も入りませんから、少しの間厳しい時期を過ごすことになるかもしれません。

逆に1つでもコンテンツがバズればボーダーはあっという間に超えるでしょう。そのさきに待っている収益は想像を絶する物です。本気で取り組む価値があります。いますぐ始めましょう!

SNSやクラウドソーシングで受注

クラウドソーシング英語crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。

出典:Wikipedia

国内で有名なクラウドソーシングサイトを紹介します。

私は特にココナラが接しやすいかなと思います。実際に利用させていただいてます。私の音楽家の先輩もココナラを利用していると言っていました。クラウドソーシングはクリエイターと依頼主をマッチングするサービスです。うまく利用すればこれだけで生計が建てられます。もちろん利用は無料です。

まとめ

アンテナを貼っていきましょう。この中で特に儲かるのはYouTubeです。個人が稼ぐならYouTubeです!作った曲をどんどんYouTubeに配信していきましょう!

 

-思想

© 2023 ワキログ