Studio One攻略

【StudioOne攻略】センドリターン活用で動作がサクサクに!

音楽クリエイターの村脇優です。

今回のテーマは【StudioOne攻略】センドリターン活用で動作がサクサクに!です!

是非最後までお楽しみください!

インサートとセンドリターンの違い

インサート

音声

エフェクト

出力

センドリターン

音声

エフェクト専用トラック

エフェクト

音声トラックに戻る

出力

 

 

このように信号を送る順番が違います。

もっと噛み砕いて説明すれば、「インサートはエフェクト直挿し」「センドリターンは別エフェクト経由」と行ったところでしょうか。

詳しい説明をしているサイトを発見したので、詳しくはそちらをご覧ください。

センドリターン_SendReturn

 

StudioOneのセンドリターン

StudioOneのセンドリターンの使い方です。

右下の「ミックス」をクリックして空間で「右クリック」、「FXチャンネルを追加」を選択します。

 

追加したFXチャンネルにエフェクトを追加していきます。

これでセンドリターンの準備は完了です。

とっても簡単ですね。

 

ボーカルにまとめてセンドリターン

実用的な使い方はボーカルトラックをいくつもまとめてセンドリターン!でしょう!

 

画像のように、ヴォーカル3パートに同じエフェクトをかけたい時ってあるじゃないですか。

例えば今回は「Gate」「Fat Channel」「Open AIR」の3つを使おうとしていますから、3つのトラックのインサートにこれらを配置したら9個もエフェクトを立ち上げることになるじゃないですか。

しかもヴォーカルにかけるエフェクトって、どれも空間系で重かったりしますよね。

そこでセンドリターンを活用すればその負荷を今回は3分の1にすることができてしまうわけです。

 

センドリターンしたいトラックの「センド」の右側ある「+」をクリックしてFXチャンネルを選択します。

今回はFXチャンネルの名前が「FX1」なのでこれを選択していますね。

 

センドリターンのレベルはだいたい0.0前後にすると良いです。

初期設定では低めに設定されていますので、マウスでちょっとずらしましょう。

 

 

まとめ

センドリターンを使えばボーカル処理を軽くして思う存分エフェクトをかけられまくれますね!

 

おすすめ記事


人気ブログランキング

-Studio One攻略

© 2021 ワキログ